ichikawa.jpg Tomotsugu Ichikawa, M.D.    

 

岡山県岡山市出身 

 


 

専門分野

脳腫瘍(悪性脳腫瘍、良性脳腫瘍、小児脳腫瘍、頭蓋底腫瘍)

神経血管圧迫症候群(三叉神経痛、片側顔面痙攣)

 

自己紹介およびメッセージ:

専門は脳腫瘍です。臨床では、腫瘍の摘出手術から術後の化学療法、放射線療法まで、幅広い治療選択肢から、各々の患者さんにあわせて、最適の治療ができるよう努めております。手術では、ナビゲーションシステムや術中MRI(平成255月稼働予定)、覚醒手術、術中マッピングなどの最新のモダリティを駆使して、安全かつ確実な摘出ができるようにしています。研究面では、脳腫瘍の浸潤病態解明と、脳腫瘍の遺伝子治療を中心に研究を積み重ねています。

 

略 歴

平成3年          金沢大学医学部卒業

平成3年          岡山大学医学部脳神経外科入局

平成9-12年 米国ハーバード大学マサチューセッツ総合病院留学

平成13年        日本脳神経外科学会専門医

平成13年        岡山大学医学博士

平成15年        岡山大学医学部脳神経外科 助手

平成24年        岡山大学大学院脳神経外科 講師

 

資 格

岡山大学医学博士

日本脳神経外科学会専門医 

がん治療認定医

 

 

受賞歴

1回アメリカ遺伝子治療学会Young Investigator賞受賞(平成105)

 

 

主な所属学会 世話人・理事など

日本脳神経外科学会

日本脳腫瘍学会

日本分子脳神経外科学会 ジュニア世話人

 

主な論文・著書

1.         Maruo T, Ichikawa T, Kanzaki H, Inoue S, Kurozumi K,  Onishi M, Yoshida K, Kambara H, Ouchida M, Shimizu K, Tamaru S, Chiocca EA, Date I. Proteomics-based analysis of invasion-related proteins in malignant gliomas. Neuropathology. 2012 Nov 1, Epub ahead of print.

2.         Onishi M, Ichikawa T, Kurozumi K, Fujii K, Yoshida K, Inoue S, Michiue H, Chiocca EA, Kaur B, Date I. Bimodal anti-glioma mechanisms of cilengitide demonstrated by novel invasive glioma models. Neuropathology. 2012 Sep 19, Epub ahead of print.    

3.         Inoue S, Ichikawa T, Kurozumi, K, et al. Novel animal glioma models that separately exhibit two different invasive and angiogenic phenotypes of human glioblastomas. World Neurosurg. 78: 670-682, 2012.

4.         Iwado E, Ichikawa T, Kosaka H, Otsuka S, Kambara H, Tamiya T, Kondo S, Date I. Role of VEGF and matrix metalloproteinase-9 in peritumoral brain edema associated with supratentorial benign meningiomas. Neuropathology. 32: 638-646, 2012.

5.         Kosaka H, Ichikawa T, Kurozumi K, Kambara H, Inoue S, Maruo T, Nakamura K, Hamada H, Date I. Therapeutic effect of suicide gene-transferred mesenchymal stem cells in a rat model of glioma. Cancer Gene Therapy 19: 572-578, 2012.

6.         Ichikawa T, Agari T, Kurozumi K, Maruo T, Satoh T , Date I. "Double stick tape" technique for transposition of an offending vessel in microvascular decompression: Technical case report. Neurosurgery 68(ONS Suppl 2): ons375-ons376, 2011.

7.         Ichikawa T, Hamazaki S , Sakai N, Otsuki Y, Wataya T , Kambara H, Shuin T , Date I. Mixed germ cell tumor and hemangioblastoma in the cerebellum: report of a rare coexistence Brain Tumor Pathology 28: 279-284, 2011.

List of Articles