当科において未破裂脳動脈瘤または破裂脳動脈瘤の

治療を受けられた方およびそのご家族の方へ

「脳動脈瘤の増大およびコイル塞栓術後再発における

パロキセチンの抑制効果の後ろ向き検討」へご協力のお願い―


研究機関名 岡山大学病院

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科

研究機関長 岡山大学病院長 金澤 右

      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科長 大塚愛二


研究責任者 岡山大学病院 脳神経外科 教授 伊達 勲

研究分担者 岡山大学病院 脳神経外科 講師 菱川朋人


1.研究の概要

1) 研究の背景および目的

 くも膜下出血の主な原因は脳動脈瘤の破裂ですが、未破裂脳動脈瘤の治療法は外科的治療しかなく、薬物治療法は未だ存在しません。私たちは、血管内皮細胞が過剰な血流負荷を感知することが脳動脈瘤形成の引き金になっていると仮定し、内皮血流感知システムに関与するP2X4プリノセプターの阻害薬パロキセチンの投与で、ラット脳動脈瘤の発生・増大が有意に抑制される結果を得ました。脳動脈瘤は大きいほど破裂しやすく、増大を抑制することで破裂率を低下できることから、抗うつ剤としてヒトに使用されているパロキセチン内服による内皮血流感知システムの阻害により、ヒト未破裂脳動脈瘤の増大やコイル塞栓術後再発を抑制できるかを後ろ向きに検討することを目的としてこの研究を行います。


2) 予想される医学上の貢献及び研究の意義

 くも膜下出血は、3人に1人は死亡し、3人に1人は重篤な後遺症を残し、社会復帰できるのは残りの3分の1にすぎない危険な疾患であることから、破裂する前に脳動脈瘤を治療することがくも膜下出血予防の最も確実な方法です。しかしながら、外科的治療には合併症をきたすリスクがあり、さらに脳動脈瘤は日本人成人の約28%にも認められ、平均破裂率は年1%程度であることから、外科治療に依存した既存の治療法には限界があります。よりリスクの小さいパロキセチンによる薬物治療法が確立されれば、より多くの未破裂動脈瘤症例に対し適応を広げることができ、くも膜下出血の発症率を低下させることが期待できます。また、コイル塞栓術を施行した症例に対する有効な再発予防法は現時点で存在しないことより、その社会的意義は大きいと考えます。学術的にもヒト脳動脈瘤の発生・増大していくしくみにおいて血行力学的要素が大きく関与しているかどうかを検討できるという意義があります。


2.研究の方法

1) 研究対象者

 岡山大学病院および共同研究機関で未破裂脳動脈瘤または破裂脳動脈瘤の治療を受けられた方約500名、岡山大学病院の脳神経外科においては治療を受けられた方1名を研究対象とします。


2) 研究期間

 倫理委員会承認後(2021219日)~2021331


3) 研究方法

 当院および共同研究機関でにおいて未破裂脳動脈瘤または破裂脳動脈瘤の治療を受けられた方で、研究者が診療情報をもとに生年月・性別・既往歴・喫煙歴・脳卒中の家族歴・パロキセチンの内服の有無および内服期間・スタチンおよびアスピリンの内服歴の有無および内服期間・脳動脈瘤手術歴、脳血管画像検査のデータを選び、脳血管画像における脳動脈瘤の最大径の増大率、増大の有無、脳動脈瘤再開通の有無を調べて解析を行い、未破裂脳動脈瘤においてパロキセチン内服症例における脳動脈瘤増大の有無を、パロキセチンを内服していいない症例と比較し、パロキセチンの有効性について調べます。


4) 使用する情報

 この研究に使用する情報として、カルテから以下の情報を抽出し使用させていただきますが、氏名、住所などのあなたを直ちに特定できる情報は削除し使用します。また、あなたの情報などが漏洩しないようプライバシーの保護には細心の注意を払います。

・生年月、性別、既往歴、喫煙歴、脳卒中の家族歴

・パロキセチンの内服の有無および内服期間

・スタチンおよびアスピリンの内服歴の有無および内服期間

・脳動脈瘤手術歴、脳血管画像検査データ(脳血管3次元造影CT、脳血管MRA、脳血管撮影画像)


5) 外部への情報の提供

 この研究に使用する情報は、以下の共同研究機関に提供させていただきます。提供の際、氏名、住所などのあなたを直ちに特定できる情報は削除し、提供させていただきます。


【研究事務局】

 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 臨床研究センター/脳神経外科

 丹波陽子

 〒612-8555 京都市伏見区深草向畑町1-1

 TEL: 075-641-9161


6) 情報の保存、二次利用

 この研究に使用した情報は、研究の中止または研究終了後5年間、研究事務局と岡山大学病院脳神経外科で厳重に保管されます。岡山大学病院では脳神経外科(臨床研究棟9階脳神経外科医局 准教授室内)で保存させていただきます。電子情報の場合はパスワード等で制御されたコンピューターに保存し、その他の情報は施錠可能な保管庫に保存します。

なお、保存した情報を用いて新たな研究を行う際は、倫理委員会にて承認を得ます。

廃棄の際には、個人情報に十分注意して、電子情報はコンピューターから完全抹消し、紙媒体(資料)はシュレッダーにて裁断し廃棄します。


7) 研究計画書および個人情報の開示

 あなたのご希望があれば、個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、この研究計画の資料等を閲覧または入手することができますので、お申し出ください。

また、この研究における個人情報の開示は、あなたが希望される場合にのみ行います。あなたの同意により、ご家族等(父母、配偶者、成人の子又は兄弟姉妹等、後見人、保佐人)を交えてお知らせすることもできます。内容についておわかりになりにくい点がありましたら、遠慮なく担当者にお尋ねください。

この研究は氏名、生年月日などのあなたを直ちに特定できるデータをわからない形にして、学会や論文で発表しますので、ご了解ください。


 この研究にご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせください。また、あなたの情報が研究に使用されることについて、あなたもしくは代理人の方(ご家族の方等も拒否を申し出ることが出来る場合があります。詳細については下記の連絡先にお問い合わせください。)にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申し出ください。ただし、すでにデータが解析され、個人を特定できない場合は情報を削除できない場合がありますので、ご了承ください。この場合も診療など病院サービスにおいて患者の皆様に不利益が生じることはありません。


<問い合わせ・連絡先>

 岡山大学病院 脳神経外科 教授

 氏名:伊達 勲

 電話:086-235-7336(平日:830分~1715分)

 ファックス:086-227-0191


<研究組織>

 研究代表者・研究事務局

 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 臨床研究センター/脳神経外科

 丹波陽子

 〒612-8555 京都市伏見区深草向畑町1-1

 TEL: 075-641-9161


予定実施医療機関および研究責任者

下記の医療機関に加え、J-ASPECT Studyの登録データを用いて該当症例を広く選択します。

 京都医療センター 脳神経外科        福田俊一

 九州医療センター 脳血管・神経内科     矢坂正弘

 仙台医療センター 脳神経外科        井上 敬

 名古屋医療センター 脳神経外科       浅井琢美

 嬉野医療センター 脳神経外科        宮園正之

 四国こどもとおとなの医療センター 脳神経外科 高麗雅章

 長崎医療センター 脳神経外科        堤 圭介

 災害医療センター 脳神経外科        重田恵吾

 舞鶴医療センター 脳神経外科        井上靖夫

 九州大学大学院医学研究院 脳神経外科    西村 中

 高知大学医学部附属病院 脳神経外科     上羽哲也

 神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科 坂井信幸

 医療法人清仁会シミズ病院 脳神経外科     清水史記

 国立循環器病研究センター          飯原弘二

 岡山大学病院 脳神経外科          伊達 勲

 社会医療法人 医仁会 中村記念病院

 北海道大学病院

 市立室蘭総合病院

 社会医療法人 北斗 北斗病院

 医療法人 雄心会 函館新都市病院

 順天堂大学医学部附属 順天堂医院

 東京女子医科大学病院

 東京女子医科大学附属八千代医療センター

 近畿大学病院

 大阪脳神経外科病院

 大阪大学医学部附属病院

 医療法人警和会 大阪警察病院

 社会医療法人寿会 富永病院

 医療法人穂翔会 村田病院

 大阪医科大学附属病院

 長崎大学病院

 独立行政法人地域医療機能推進機構 熊本総合病院

 鹿児島市立病院

 鹿児島大学病院

 新潟脳外科病院

 国立大学法人 金沢大学附属病院

 福井赤十字病院

 山梨大学医学部附属病院

 愛媛県立中央病院

 福岡県済生会八幡総合病院

 福岡新水巻病院

 福岡大学病院

 公立大学法人 横浜市立大学附属病院

 筑波大学附属病院

 京都第二赤十字病院

 大西脳神経外科病院

 赤穂市民病院

 和歌山県立医科大学附属病院

 弘前大学医学部附属病院

 秋田県立循環器・脳脊髄センター

 仙台市立病院

 国立大学法人三重大学医学部附属病院

 浜松医療センター

 国立大学法人岐阜大学医学部附属病院

 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院

 宇部興産中央病院

 徳島大学病院

 札幌医科大学附属病院

 伊那中央病院

 国立大学法人富山大学附属病院

 総合大雄会病院

 京都府立医科大学附属病院

 社会医療法人弘道会 守口生野記念病院

 松江市立病院

 池田病院

 医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院

 医療法人社団 善仁会 小山記念病院


List of Articles
番号 タイトル 日付
127 「手術実績(データ)」を更新のお知らせ new 2021-04-13
126 「スタッフ紹介」ならびに「外来診療」を更新のお知らせ new 2021-04-06
125 「脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明」へご協力のお願い new 2021-03-26
124 「コーンビームCT画像による非嚢状椎骨動脈瘤の術前評価」へご協力のお願い 2021-03-19
123 「視神経管部硬膜動静脈瘻の血管構築および病態の解明」へご協力のお願い 2021-02-19
» 「脳動脈瘤の増大およびコイル塞栓術後再発におけるパロキセチンの抑制効果の後ろ向き検討(R2-NHO(心脳)-01)」へご協力のお願い 2021-02-19
121 第46回岡山脳研究セミナープログラム・抄録を掲載のお知らせ 2021-01-20
120 「スタッフ紹介」を更新のお知らせ 2021-01-05
119 第46回岡山脳研究セミナーのご案内 file 2020-12-14
118 「画像検査とRNF213遺伝子検査の融合による閉塞性血管障害の新評価体系の確立」へご協力のお願い 2020-12-01
117 第46回岡山脳研究セミナー(2021.1.27)開催のご案内 2020-11-09
116 「スタッフ紹介」を更新のお知らせ 2020-10-09
115 「スタッフ紹介」ならびに「外来診療」を更新のお知らせ 2020-09-07
114 「頭蓋内硬膜動静脈瘻における硬膜内脳動脈からの供血の血管構築とその臨床的重要性:多施設共同研究(Clinical significance and angiographic features of pial arterial supply to intracranial dural arteriovenous fistulas: a multicenter retrospective study)」へご協力のお願い 2020-09-04
113 「脳血管内治療における抗血小板薬療法の効果と安全性に関する多施設共同登録研究 (ATHENS)」へご協力のお願い 2020-08-20
112 「乳幼児もやもや病の病態、診断、治療に関する多施設調査 (MACINTOSH Study)」へご協力のお願い 2020-06-12
111 「スタッフ紹介」を更新のお知らせ 2020-06-05
110 「スタッフ紹介」ならびに「外来診療」を更新のお知らせ 2020-05-01
109 「VertebroBasilar Dolichoectasiaの自然歴および外科的治療の成績に関する多施設共同登録研究」へご協力のお願い 2020-04-10
108 「スタッフ紹介」を更新のお知らせ 2020-04-01