作成日:2021 921日 第1.1

 

多機関共同研究によるマルチオミックス解析に基づく脳腫瘍の発生・進展の分子機構の解明

当院において脳腫瘍の治療を受けられた方およびそのご家族の方へご協力のお願い

研究機関名 岡山大学病院

研究機関長 岡山大学病院長 前田嘉信

 

1.研究の対象

 国立がん研究センターおよび本文最後に記載される共同研究機関において脳腫瘍と診断された患者さんで以下のどちらかに該当する方が対象となります。

a) 現在進行中の研究及び将来計画される複数の研究について、一定の条件の下に、まとめて広い範囲の研究(薬や医療技術の開発を含みます)への協力の同意(「包括的同意」と言います)をいただいた患者さん。国立がん研究センターにおいては20021月から2011512日までの間に「検査試料、生検組織、摘出標本などのがん研究への利用に関するお願い」により同意の得られた脳腫瘍の患者さんと、2011513日より2027331日までの間に「診療目的で採取された血液・組織などの研究用保管と、研究用採血による医学研究へのご協力のお願い」により同意の得られた脳腫瘍の患者さんが対象です。その他の共同研究機関においても同様の包括的同意を19971月から2027331日までに得ている患者さんが対象となります。

b) 国立がん研究センターもしくは共同研究機関のいずれかで2027331日までに診療を受けたが、包括的同意の得られていない患者さんで、本研究の参加に同意していただいた方。 

c) 国立がん研究センターで承認を受けた研究である2013-042 「悪性脳腫瘍の新たなバイオマーカー及び分子標的の探索とそれらの臨床応用に向けた多施設共同研究による遺伝子解析(研究代表者 成田善孝)」に参加いただいた患者さんの既存試料。

d) 患者さんが亡くなられた後に病理解剖を行った方で、病理解剖の際に採取した組織などの研究利用に同意をいただいた患者さんが対象です。国立がんセンターでは、「病理解剖に関する遺族の承諾書」により、同意の得られた脳腫瘍の患者さんが対象となります。その他の共同研究機関においても、解剖の時に採取された組織などの研究利用について、同様の同意を得ている患者さんが対象となります。

岡山大学病院及び共同研究機関にて脳腫瘍の治療を受けられた方約1,000名、岡山大学病院では約250名を研究対象として実施する予定です。

 

2.研究目的・方法

脳腫瘍は治療が難しい病気の一つです。より良い治療法を開発するにはどのように脳腫瘍が発生するのか、どのようにして治療が効かなくなってくるのかを明らかにすることが必要です。脳の中の正常な細胞の遺伝子に傷(遺伝子異常)がつくことで脳腫瘍ができてくると考えられています。また、脳腫瘍は行っている治療からうまく逃れるために、新しい遺伝子異常を獲得していくと考えられています。そのため、脳腫瘍に起きている遺伝子異常を調べることにより、どのような異常が悪さをしているのかを明らかにすることで新しい治療へとつながると考えられます。

この研究では手術により切除された腫瘍組織や血液・髄液・尿などからDNARNA・タンパク質を取り出し、それらを調べます。この際にシークエンサーと呼ばれる機械を使い、脳腫瘍の細胞内でそれぞれがどのように作られているのか、どこかに異常はないか、どのくらい作られているのかというのを調べていきます。このようにして脳腫瘍がどのように起きているのか、どのように治療が効かなくなるのか、ということを明らかにして新たな治療法の開発につなげることを目指します。

研究期間は研究許可日(研究実施許可日)から2027331日までとします。

 

3.研究に用いる試料・情報の種類

 研究で使用する試料は手術で摘出した組織や血液等です。これらの試料は通常の診断・治療に使用した残りを使用します。血液に関しては通常の診療のための採血の際に、研究使用のために220ml程度多めの採血をお願いすることがあります。その場合は、担当医があなたの健康状態を判断し、問題ないと判断される場合にのみお願いすることになります。

 個人に関わる情報としてカルテ番号・治療経過・治療内容・画像検査・年齢・既往歴・家族歴などが使用されます。住所・氏名・生年月日など個人が特定できる情報は削除されます。したがって、患者さんの個人情報が漏れたり個人を特定されたりすることはありません。

 

4.外部への試料・情報の提供

 データの解析結果は、共同研究機関の特定の関係者のみが利用出来る状態で共有します。この研究で得られたデータは今後の医学の発展のため、個人情報が特定できないようにした後に、学会や学術誌で発表します。また、審査を必要とする公的データベースである、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が運営する「ヒトデータベース」、AGD (AMED Genome group sharing Database)MGeND (Medical Genomics Japan Database)CANNDs (Controlled shAring of geNome and cliNical Datasets) 、日本DNAデータバンク(https://www.ddbj.nig.ac.jp/index.html )European Genome-Phenone Archive (https://ega-archive.org/ ))などに登録し、審査を経て許可された研究者とデータを共有することがあります。データセンターへのデータの提供は、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。対応表は、当センターの研究責任者が保管・管理します。

5.研究組織

国立がん研究センター研究所 脳腫瘍連携研究分野 鈴木啓道

国立がん研究センター中央病院 脳脊髄腫瘍科 成田善孝

旭川医科大学 脳神経外科 木下学

山形大学医学部 脳神経外科 園田順彦

東京大学医学部 脳神経外科 講師 田中將太

杏林大学医学部 脳神経外科 教授 永根基雄

名古屋大学医学部 脳神経外科 教授 齋藤竜太

京都大学医学部 脳神経外科 荒川芳輝

岡山大学医学部 脳神経外科 石田穣治

九州大学医学部 脳神経外科 吉本幸司

鹿児島大学医学部 脳神経外科 吉本幸司(兼任)

北海道大学医学部 脳神経外科 山口秀

東北大学医学部 脳神経外科 金森政之

獨協医科大学医学部 脳神経外科 宇塚岳夫

筑波大学医学医療系 脳神経外科 石川栄一

埼玉医科大学国際医療センター 脳脊髄腫瘍科 西川亮

東京女子医科大学先端生命医科学研究所 村垣善浩

慶應義塾大学医学部 脳神経外科 佐々木光

東京医科歯科大学 脳神経機能外科 前原健寿

順天堂大学医学部 脳神経外科 近藤聡英

横浜市立大学医学部 脳神経外科 立石健祐

北里大学医学部 脳神経外科 隈部俊宏

藤田医科大学医学部 脳神経外科 廣瀬雄一

浜松医科大学 脳神経外科 黒住和彦

金沢大学 脳神経外科 中田光俊

京都府立医科大学 脳神経外科 橋本直哉

大阪大学医学部 脳神経外科 木嶋教行

神戸大学医学部 脳神経外科 篠山隆司

広島大学医学部 脳神経外科 山崎文之

久留米大学医学部 脳神経外科 中村英夫

佐賀大学医学部 脳神経外科 阿部竜也

熊本大学医学部 脳神経外科 武笠晃丈

大阪医療センター臨床研究センター 金村米博

The Hospital for Sick Children  Senior Scientist Michael D. Taylor

東京大学医科学研究所健康医療インテリジェンス分野 井元清哉

東京大学医科学研究所シークエンスデータ情報処理分野 片山琴絵

福島医科大学医学部 脳神経外科 藤井正純

新潟大学脳研究所 脳神経外科 棗田学

千葉大学大学院医学研究院 脳神経外科 岩立康男

 

岡山大学について

研究責任者  脳神経外科 助教  石田穣治

研究分担者  脳神経外科 教授  伊達 勲

       脳神経外科 助教  藤井謙太郎

       脳神経外科 医員  大谷理浩

       脳神経外科 医員(大学院生) 坪井伸成

       脳神経外科 医員(大学院生) 牧野圭悟

       脳神経外科 医員(大学院生) 平野秀一郎

       脳神経外科 医員(大学院生) 劒持直也

       脳神経外科 医員(大学院生) 駿河和城

 

6.お問い合わせ先

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。

ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。

また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

 

  照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

鈴木 啓道 (研究代表者・研究責任者)

国立がん研究センター研究所 脳腫瘍連携研究分野

104-0045 東京都中央区築地5-1-1

TEL: (03)3542-2511

FAX: (03)3545-3567

 

岡山大学の問い合わせ、参加拒否の申し出先:

石田穣治

岡山大学病院 脳神経外科

700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1

TEL: 086-235-7336(平日:900分〜1700分)

FAX: 086-227-0191

List of Articles
番号 タイトル 日付
141 「低悪性度神経膠腫における分子分類と予後についての後方視的研究」 new 2022-01-17
140 「National Clinical Databaseを用いた日本における未破裂脳動脈瘤の治療成績に関する後向き観察研究(SMART Japan)」 2021-11-09
» 「多機関共同研究によるマルチオミックス解析に基づく脳腫瘍の発生・進展の分子機構の解明」 2021-11-08
138 「虚血発症頭蓋内内頚動脈解離の診断と治療に関する全国実態調査」 2021-10-22
137 「再発膠芽腫患者の予後を検討するレトロスペクティブ調査(新規ランダム化比較試験案構築に向けて)」 2021-09-18
136 「3DDSA-MRI fusion画像を用いたeloquent areaを灌流する血管の同定」 2021-08-21
135 「Spinal extradural arteriovenous fistulaの分類と各疾患群における臨床症状、血管構築、治療成績の検討:全国調査」 2021-08-13
134 「グリオーマにおける化学療法感受性の遺伝子指標の検索とそれに基づくテーラーメード治療法の開発」 2021-06-28
133 「JCOG1114CA1:臨床検体の解析によるPCNSL予後予測バイオマーカーおよび治療反応性規定因子の探索的研究(特定臨床研究「JCOG1114C」の附随研究)」 2021-06-21
132 「薬剤抵抗性本態性振戦患者におけるMRIガイド下集束超音波治療の不適応症例に対する高周波視床凝固術および脳深部刺激療法の効果の検討」へご協力のお願い 2021-06-18
131 「薬剤抵抗性の本態性振戦患者に対するMRIガイド下集束超音波治療の効果の検討」へご協力のお願い 2021-06-18
130 「厚生労働省がん研究助成金による胚細胞腫に対する多施設共同臨床研究」の後方視的長期フォローアップ研究へご協力のお願い 2021-06-18
129 「全国妊産婦脳卒中悉皆調査」へご協力のお願い 2021-06-04
128 「FREDを用いた脳動脈瘤に対するフローダイバーターの留置術の市販後初期経験に関する多施設共同登録研究(JAPAN FRED PMS)」へご協力のお願い 2021-05-06
127 「手術実績(データ)」を更新のお知らせ 2021-04-13
126 「スタッフ紹介」ならびに「外来診療」を更新のお知らせ 2021-04-06
125 「脊髄髄内腫瘍の治療成績と予後改善因子の解明」へご協力のお願い 2021-03-26
124 「コーンビームCT画像による非嚢状椎骨動脈瘤の術前評価」へご協力のお願い 2021-03-19
123 「視神経管部硬膜動静脈瘻の血管構築および病態の解明」へご協力のお願い 2021-02-19
122 「脳動脈瘤の増大およびコイル塞栓術後再発におけるパロキセチンの抑制効果の後ろ向き検討(R2-NHO(心脳)-01)」へご協力のお願い 2021-02-19